tag_air_hanbai

GHP(ガスヒートポンプエアコン)とは

ガスヒートポンプエアコンとは、ガスエンジンで駆動するエアコンのことです。
地球温暖化や環境破壊の問題から、企業様のエコ活動への協力は無視できない現代となってきました。
GHPは、環境に優しく、お客様の省エネ・省コストに繋がるガス冷暖房です。施設の規模や、用途に合わせて様々な機器・設備をお選び頂けますので、お気軽にご相談ください。

GHPのしくみ

エアコンの冷暖房は、冷媒を圧縮機によって循環させることで行います。
これは電気ヒートポンプ(EHP)もガスヒートポンプ(GHP)も同じです。
GHPは、エアコンの心臓部とも言える室外ユニット内の圧縮機を、ガスエンジンで動かします。
この仕組みこそが、GHPならではの快適な冷暖房を実現し、数々のメリットを生み出す最大の特長となっています。

暖房イメージ

冷房イメージ

GHPの冷房は電気モーターに代わりガスのエンジンを使って機械を動かしています。蒸発した水から吸収液を使って水蒸気を吸収し、水蒸気を冷やして水にします。再びこの水を蒸発させ、という「蒸発・吸収・再生・凝縮」を繰り返し、この時に発生する気化熱を使って冷風を送り出すシステムです。

GHP導入のメリット

ピーク時の電力カットによる電気料金の低減

ガスヒーポンなら電気エアコンの1/10以下の電力で空調できます。契約電力を大きく低減することができるので、経済的なガス料金で、空調ランニングコストの大幅な削減が期待できます。

パワフル暖房で寒い冬でもすぐ暖かに

GHPは、ガスエンジンの排熱を有効利用するため、暖房の立上がりが速く、気温が低い時でもすぐ暖かに。寒い冬、社内の温度をすぐに上げることができるので、作業の効率にも貢献できます。
また、GHPの方が暖房能力にも優れているので、電気エアコンよりも暖かに、快適にご利用いただけます。

暖房立ち上がりスピードの比較
暖房能力の比較

GHPの特徴

省電力・低ランニングコストで御社の節電に大きく貢献

導入に関連する政策

GHPは省エネでエコであることから、2014年4月1日より施行された、改正省エネ法によりガス空調の「節電効果」が国より高く評価されるようになりました。
そのため、より多くの企業にGHPの設置を推奨するため、様々な控除が設けられています。
国の制度を利用し、自社と地球環境にエコなGHPを設置されてみませんか。

国からの優遇制度

中小企業経営強化税制

[対  象]中小企業等経営強化法の認定を受けた中小企業者等
[主な要件]生産性が旧モデル比年平均1%以上向上する設備等
[適用期限]平成29年4月1日~平成31年3月31日取得まで

中小企業の生産性向上の
ための固定資産税の特例

[対  象]中小企業等経営強化法の認定を受けた中小企業者等
[主な要件]生産性が旧モデル比年平均1%以上向上する設備等
[適用期限]平成29年4月1日~平成31年3月31日取得分まで

優遇税制については、適用できないケースもありますので、詳しくは担当者、所轄の税務署にご相談ください。